屋内環境に及ぼすつる性野菜・花き栽培の影響(217)

屋内環境に及ぼすつる性野菜・花き栽培の影響(217)

課題番号1994001716
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題高位生産技術の開発
大課題生産管理技術体系の開発
中課題環境緑化技術の開発
小課題屋内環境に及ぼすつる性野菜・花き栽培の影響(217)
摘要夏場の日除け植物として垣根仕立てが容易で、かつ高温期にも食用となるつる性野菜をアサガオを対照としてインゲン、ササゲ、ヘチマ、ヒョウタン、ニガウリ、シロウリの中から選抜した結果、定植後1カ月でインゲン、ササゲ、ヘチマ及びヒョウタンは2mを越え、アサガオとニガウリは大人の肩の高さ、シロウリは1mに満たないこと、葉の分布状態はニガウリとヒョウタンは基部から上部までむらなく密生して落葉が少なく、日除け植物として長期間利用できること、ニガウリは初期生育は劣ったが、高温期を通じて収穫が多いことなどが認められ、ニガウリは茎葉の臭さに難点はあるものの、垣根仕立てが極めて容易であることから最適と判断された。
研究分担施設生産・栽培シス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044712
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat