茶園管理の機械化技術体系の開発(221)

茶園管理の機械化技術体系の開発(221)

課題番号1994001721
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間中H04〜H05
年度1994
研究問題高位生産技術の開発
大課題生産管理技術体系の開発
中課題茶園管理の能率向上技術の開発
小課題茶園管理の機械化技術体系の開発(221)
摘要近年レール式管理機の導入が進みつつあり、従来と異なった技術体系が必要とされる可能性がある。機械化技術体系の検討の一環として、レール設置茶園において深耕を中心とした各種土壌管理法を行なったときの土壌硬度の変化と、レール設置茶園では作業が困難となる深耕作業の必要性について検討することを目的とし、試験ほ場の選定を行い、準備を進めてきたが、担当者の移動により、5年度は試験を中断した。今後、機械化にともなう技術体系組立上の諸問題について調査を継続し、研究需要を整理し、試験内容について検討する。
研究分担茶栽培・作業技術研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044717
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat