養液栽培における養水分制御技術の開発(226)

養液栽培における養水分制御技術の開発(226)

課題番号1994001727
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H04〜H08
年度1994
研究問題高位生産技術の開発
大課題生産情報処理技術システムの開発
中課題生育制御のための情報処理技術の開発
小課題養液栽培における養水分制御技術の開発(226)
摘要1段トマト連続生産装置は、自動車生産ラインのようにプラスチックコンテナに植えたトマトをコンベヤによって移送しながら栽培管理するシステムになっているが、この装置の給液機構に電極棒付きのフロートレススイッチと電磁弁を用いて水位センサが廃液トラップの水位上昇を検知すると電磁弁が閉じ、給液ポンプが稼動しても給液はまったく行わない仕組みとした結果、吸収されなかった余剰液量の制御が可能となったこと、かつ余剰液はむしろ濃縮して着色開始期以降の株に完全吸収させることができるため、廃液を装置外に排出しない新しい閉鎖式養液栽培装置の開発が可能であると判断された。余剰液の消化状況は目下調査中である。
研究分担施設生産・栽培シス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044723
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat