茶樹の生体情報計測技術の開発(229)

茶樹の生体情報計測技術の開発(229)

課題番号1994001731
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H02〜H07
年度1994
研究問題高位生産技術の開発
大課題生産情報処理技術システムの開発
中課題茶生産における情報処理技術の開発
小課題茶樹の生体情報計測技術の開発(229)
摘要4年度に試作した針貫入抵抗測定機を用いて、新芽茎の硬化度の測定法を検討した結果、変動係数は14〜30%であり、20〜30芽用いれば節間位置による硬化度の差を十分に検出できることを明らかにした。葉身の硬化度は針貫入抵抗の値が小さすぎて安定した結果が得られないことから、貫入針の形状を変えて、打ち抜き抵抗を測定できるようにした。熱画像解析装置により冬季夜間の茶株面温度の変化を観察した結果、夕方の茶株面温度の低下および朝の上昇は気温の変化よりも急速であること、夜間の茶株面温度は風が弱くなると放射冷却の効果により低下し、風が強くなると風による移流熱により上昇すること、その境界は風速2m程度であることが明らかとなった。
研究分担茶栽培・栽培生理研作業技術研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044727
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat