センサフュージョンによる作物及び農産物の状態変化の認識・制御システムの開発

センサフュージョンによる作物及び農産物の状態変化の認識・制御システムの開発

課題番号1994001733
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題高位生産技術の開発
大課題生産情報処理技術システムの開発
中課題茶生産における情報処理技術の開発
小課題センサフュージョンによる作物及び農産物の状態変化の認識・制御システムの開発
摘要農産物のように複雑で変位の大きい対象の状態を、圃場のように変化の大きな状況で正確に把握するには、複数のセンサを用い、それから得られた情報をコンピュータ内部のモデルに基づいて統合し、再構成するセンサフュージョンの技術が必要となる。そこで、茶樹やその周囲の環境の状態をセンシングする圃場情報収集ロボットを、センサフュージョンの技術を用いて構築しながら、複数センサ情報の再構成による対象の状態の高度認識技術の開発を行なう。これによって、栽培管理や製茶工程の制御に必要な情報を自動的に収集できるようになる。
研究分担茶利用加工・製茶機械研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044729
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat