有効薬剤の探索(タバココナジラミ)(275)

有効薬剤の探索(タバココナジラミ)(275)

課題番号1994001769
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間完H03〜H05
年度1994
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題生物的手法を主体とした害虫制御技術の開発
小課題有効薬剤の探索(タバココナジラミ)(275)
摘要タバココナジラミの薬剤感受性検定法を開発し、有効薬剤を探索することを目的とした。キャベツ葉の水差し法によって、成虫、幼虫別にLC50値を求める方法を開発した。成虫及び幼虫の両方に有効な薬剤はピリダベンなど4薬剤であった。幼虫のみに効果の認められた薬剤は7薬剤あった。この中でテフルベンズロンなどのIGR剤は成虫には全く効果が無かったが、それらの産下卵はふ化しないかふ化幼虫で死亡した。単剤では全く効果の認められない合成ピレスロイド剤と有機リン剤の混用では多くの組合せで協力作用が認められた。今後は薬剤抵抗性の発達のチェックとオンシツツヤコバチ等による生物的防除の実用化が必要である。
研究分担環境・虫害1研虫害2研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044765
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat