茶害虫に対する新殺虫剤の作用特性に関する研究

茶害虫に対する新殺虫剤の作用特性に関する研究

課題番号1994001771
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題生産安定化技術の開発
大課題病害虫防除技術の開発
中課題生物的手法を主体とした害虫制御技術の開発
小課題茶害虫に対する新殺虫剤の作用特性に関する研究
摘要新規合成殺虫剤の茶害虫に対する効果と天敵に対する影響を検討した。DEI−9101フロアブルの2,000倍液を、チャノコカクモンハマキの第2世代発蛾最盛期に散布した結果、対照のメソミル水和剤1,500倍より防除効果が高く、薬害はなかった。MK242フロアブルの2,000倍液を2番茶萌芽前に散布した結果、カンザワハダニに対して対照のポリナクチン複合体・BPMC乳剤1,000倍に比べるとやや低いが実用的な防除効果があり、薬害はなかった。また、天敵であるケナガカブリダニに対する悪影響は認められなかった。
研究分担茶栽培・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044767
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat