土壌細菌による殺虫剤分解機構の解明と制御(282)

土壌細菌による殺虫剤分解機構の解明と制御(282)

課題番号1994001780
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
他機関草地試
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題生産安定化技術の開発
大課題土壌生産力の維持向上技術の開発
中課題土壌の理化学性・生物性改良技術の開発
小課題土壌細菌による殺虫剤分解機構の解明と制御(282)
摘要有機リン系殺虫剤のフェニトロチオンを分解するシュードモナス属細菌は、最初にフェニトロチオンのリン酸エステルを加水分解し、3−メチル−4−ニトロフェノールを経てメチルヒドロキノンに分解し、これを炭素源として利用することを明らかにした。カーバメイト系殺虫剤のカルバリルを分解するアルスロバクター属細菌は、まずカルバリルのカーバメイト結合を加水分解し、1−ナフトールからサリチルアルデヒドを経てサリチル酸に分解し、これをゲンチジン酸としたのち炭素源として利用することを明らかにした。この細菌が生産するカーバメイトハイドロラーゼを精製したところ、分子量84000の2量体で、N−メチルカーバメイト結合のエステル結合を加水分解することを明らかにした。
研究分担茶栽培・土壌肥料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044776
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat