キャベツ・ハクサイ栽培種汁液中のエーテル転溶成分の品種間差異(296)

キャベツ・ハクサイ栽培種汁液中のエーテル転溶成分の品種間差異(296)

課題番号1994001794
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H05〜H06
年度1994
研究問題流通・加工技術の開発
大課題流通技術の開発
中課題野菜の包装・輸送・貯蔵技術の開発
小課題キャベツ・ハクサイ栽培種汁液中のエーテル転溶成分の品種間差異(296)
摘要秋ハクサイと夏キャベツの汁液中のエーテル転溶成分を調査した結果、主にグルコシノレートの分解産物のピーク面積値に品種間差異が認められた。グルコシノレートの分解産物のピーク面積値は、秋ハクサイ16品種においては軟腐、ウィルス病に極めて抵抗性の‘スコール’や根こぶ病抵抗性品種で高い値を示した。夏キャベツ5品種においては、‘四季取’が最も高い値を示し、従来の知見(ヘッドスペース法)と一致した。
研究分担野菜育種・品質評価研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044790
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat