チャのカテキン合成系遺伝子の単離と構造解析(310)

チャのカテキン合成系遺伝子の単離と構造解析(310)

課題番号1994001813
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題流通・加工技術の開発
大課題加工技術の開発
中課題茶葉の加工適性の解明と製茶技術の改善
小課題チャのカテキン合成系遺伝子の単離と構造解析(310)
摘要チャのカルコンシンターゼ(CHS)について、3種類のcDNAの塩基配列を決定した。それらの推定アミノ酸配列は他種のCHSアミノ酸配列と非常に高いホモロジーを示した。チャ染色体中には少なくとも5つのCHS遺伝子の存在が示唆された。器官ごとに発現量を調べると、CHSmRNA量は若い葉・茎に多かった。発現制御については、光や糖によってCHSmRNA量が増加した。
研究分担茶栽培茶利用加工・育種法研製茶研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044809
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat