超臨界ガスによる茶の香気成分の抽出(326)

超臨界ガスによる茶の香気成分の抽出(326)

課題番号1994001830
研究機関名野菜・茶業試験場(野菜茶試)
研究期間完H01〜H05
年度1994
研究問題流通・加工技術の開発
大課題茶の新製品及び有用成分利用法の開発
中課題茶の有用成分の新用途開発
小課題超臨界ガスによる茶の香気成分の抽出(326)
摘要茶の香気成分の有効活用を図ることを目的として、超臨界CO2を用いた香気成分の抽出法を検討した。その結果、330Kg/cm2(装置限界350Kg/cm2)、75℃で香気成分を捕集する事ができたが、補集香気は官能検査によると、緑茶の香りはするものの貯蔵臭が強かった。ガスクロによる分析でも、貯蔵臭である(E,E)−2,4−ヘプタジエナールがかなり多く含まれており、官能検査の結果と一致した。このように、補集香気の組成は、原料茶の香気組成とはかなり異なっており、このまま香料として用いることは困難であると判断された。
研究分担茶利用加工・製品開発研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044826
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat