不均一な移流条件における汚染地下水の拡散機構の解明(23)

不均一な移流条件における汚染地下水の拡散機構の解明(23)

課題番号1994001851
研究機関名農業工学研究所(農工研)
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題農村地域開発整備計画手法及び農村環境整備技術の開発
大課題農村地域環境の整備及び管理・保全技術の開発
中課題農用地及び土壌の水質浄化機能の解明と機能向上のための技術開発
小課題不均一な移流条件における汚染地下水の拡散機構の解明(23)
摘要水みち等の不均一な透水構造は、汚染物質の広がりを予想以上に大きくする。従って、不均一な透水構造のもとでの汚染物質の広がりの過程を明らかにする必要がある。本研究では、不均一な透水構造をパターン分類し、そこでの拡散特性の解明を行い、汚染範囲の予測法を開発する。5年度は、多孔質体表面の流れにおいて、接線応力が不連続となる事を計測より明らかにした。この不連続性は多孔質体内部の流れを遅くする効果を持ち、内部での物質交換を少なくする事が明らかとなった。
研究分担農村・水環境研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044847
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat