農業水路等における水質浄化機能の向上に関する研究(27)

農業水路等における水質浄化機能の向上に関する研究(27)

課題番号1994001858
研究機関名農業工学研究所(農工研)
研究期間完H01〜H05
年度1994
研究問題農村地域開発整備計画手法及び農村環境整備技術の開発
大課題農村地域環境の整備及び管理・保全技術の開発
中課題農村環境に調和した集落排水システム技術の開発
小課題農業水路等における水質浄化機能の向上に関する研究(27)
摘要農村の広い空間を生かした水質浄化の場として、農業用排水路や休耕田を利用し、集落排水または集落排水処理水をさらに浄化する簡易な水質浄化技術開発を目的とする。元〜2年度には生物膜法を応用した水質浄化のための人工ろ材の適性評価、3〜4年度には新しい浄化方式としての循環式接触酸化水路方式による試験、5年度には景観にも配慮した休耕田による水質浄化等について研究を実施した。二つの水質浄化方法では、CODの有機汚濁の除去については、循環式接触酸化水路方式が優れ、窒素・リンの除去については休耕田方式が優れていた。また、休耕田方式の場合、人為的にばっ気する必要がないため、省エネの点で有利である。本研究は、構造改善局からの依頼研究を含んでおり、成果の一部は同局で計画・実施される農業・農村整備事業に活用される。
研究分担農村・集落排水研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044854
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat