海岸堤防による漂砂制御機構の解明(97)

海岸堤防による漂砂制御機構の解明(97)

課題番号1994001929
研究機関名農業工学研究所(農工研)
研究期間完S62〜H05
年度1994
研究問題水利施設、海岸施設の水理設計・制御技術及び水利計画のシステム化技術の開発
大課題浅海域及び河口域の保全・整備・管理技術の開発
中課題河口域の水理・土砂環境の保全・管理技術の開発
小課題海岸堤防による漂砂制御機構の解明(97)
摘要これまで河口域や沿岸域など海岸近くにおける底質の運動機構とその制御の可能性について検討してきた。63〜5年度には特に水理構造物が組み込まれたときの運動機構を定量的に把握するために、平面水槽、直線水路などを用いて波・流れの場を再現した水理実験により検討し、さらに数値解析による検証を行った。その結果、適当な間隔をおいて連続的に打設した杭状構造物により底質の輸送方向や河川上流からの主流方向を制御する工学的技術とその評価手法を開発した。これらの成果は研究の途上で逐次各種学会の論文集等に投稿・発表するとともに、行政部局からの依頼研究報告を通じて現場に反映させた。
研究分担水工・河海工研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044925
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat