凝縮による土壌水分変動の解明(136)

凝縮による土壌水分変動の解明(136)

課題番号1994001963
研究機関名農業工学研究所(農工研)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題農用地の整備・保全と水利用技術の開発
大課題農用地における水利用技術の開発
中課題農用地における水・物質移動機構の解明
小課題凝縮による土壌水分変動の解明(136)
摘要5年度は、結露に影響を及ぼす葉温の変動を測定した。また、下層からの上向き補給水量の中で、ロータリー掛けによって毛管(液状水)上昇量を遮断し、夜間の土壌水分の変動を測定した。その結果、葉温は夜間の平均で大気温より2〜3℃低く、温度差は2時間程度の周期で変動した。また、ロータリー掛けを行わなかった地区の土壌水分は下層ほど大きかったが、ロータリー掛けを行った地区では深さによる差はなかった。表層での夜間の水分増加量は、ロータリー掛けの有無により差がなかった。これより、夜間の水分増加は、主に水蒸気移動に依存することが分かった。6年度は、結露と水蒸気移動によるモデル化を行う予定である。
研究分担農地・畑かん研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044959
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat