主要底魚類の餌料生物の把握(22)

主要底魚類の餌料生物の把握(22)

課題番号1994005524
研究機関名南西海区水産研究所(南西水研)
研究期間継S62〜H07
年度1994
研究問題南西外海域及び瀬戸内海における水産資源の培養及び持続的利用技術の確立
大課題南西外海域における海洋環境特性の解明及び水産資源の持続的・管理技術の確立
中課題水産資源の生物特性の解明
小課題主要底魚類の餌料生物の把握(22)
摘要6年3月に土佐湾の水深180m付近で1そうびき沖合底びき網漁船と調査船によるニギス及びアオメエソの摂餌日周期調査を行なった。調査船では3時間毎にMTDによる餌料生物のオキアミ類の採集を、1そうびき沖合底びき網漁船では3時間毎に捕食者であるニギス及びアオメエソを採集した。ニギス及びアオメエソの胃内容物の精査は6年度に行なう予定であるが、予備的な検討結果によればニギスの採集量及び胃内容物量には明瞭な日周性が認められている。次年度は11月に同様の調査を実施する予定である。
研究分担外海調査・外底魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044990
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat