太平洋中・南部海域の底びき網漁業資源の評価(32)

太平洋中・南部海域の底びき網漁業資源の評価(32)

課題番号1994005533
研究機関名南西海区水産研究所(南西水研)
研究期間継S62〜H07
年度1994
研究問題南西外海域及び瀬戸内海における水産資源の培養及び持続的利用技術の確立
大課題南西外海域における海洋環境特性の解明及び水産資源の持続的・管理技術の確立
中課題水産資源・漁業の変動予測及び管理技術の確立
小課題太平洋中・南部海域の底びき網漁業資源の評価(32)
摘要1・2そうびき沖合底びき網漁業(沖底)の漁場別魚種別漁獲量・資源量指数・現存量等の統計資料に基づいて底魚資源の評価を行った。4年の2そうびき沖底の漁獲量は約6千トンで前年に比べ4千4百トンの大幅な減少となった。これは主要な漁獲物であるウマヅラハギの漁獲量が大幅に減少したためである。2そうびき沖底漁船の隻数は近年横這いではあるものの、漁船の大型化で漁獲努力量はかなり増加しているとみられ、資源の動向には今後充分注意する必要がある。また、4年の1そうびき沖底の漁獲量は3千4百トンで前年より8%減少した。1そうびき沖底では、漁獲努力量の減少に伴い漁獲量も漸減傾向にある。しかし、遠州灘では近年小型底びき網漁船が沖合漁場へ進出し、沖底との間で資源をめぐる競合が認められる。そこで、遠州灘海域の沖底資源の管理方策を検討するため、外海域で操業する小型底びき網漁船の漁獲実態を調査した。
研究分担外海調査・外底魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030044999
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat