土佐湾及び周辺海域におけるマイワシ初期減耗実態の解明(34)

土佐湾及び周辺海域におけるマイワシ初期減耗実態の解明(34)

課題番号1994005534
研究機関名南西海区水産研究所(南西水研)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題南西外海域及び瀬戸内海における水産資源の培養及び持続的利用技術の確立
大課題南西外海域における海洋環境特性の解明及び水産資源の持続的・管理技術の確立
中課題水産資源・漁業の変動予測及び管理技術の確立
小課題土佐湾及び周辺海域におけるマイワシ初期減耗実態の解明(34)
摘要我が国太平洋岸のマイワシ資源量の急減に伴い資源構造が変化しており、日向灘から紀伊半島沿岸にかけての地域群が独立してきたと考えられている。この地域群の初期生態を解明するために、5年11月及び6年3月に調査船により、産卵場の中心である土佐湾と周辺海域で、ボンゴネット傾斜曳によるマイワシ卵・仔魚の定量採集を反復するとともに、計量魚探による魚群分布調査、CTDなどによる海洋環境調査を実施した。その結果、マイワシ仔魚のうち土佐湾から外に流出するものは少なく、大部分が湾内で成長すると推定された。回遊経路は小規模なものとなっていると考えられる。
研究分担外海調査・外浮魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045000
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat