回帰特性に基づく資源培養技術の開発

回帰特性に基づく資源培養技術の開発

課題番号1994005541
研究機関名南西海区水産研究所(南西水研)
研究期間新H06〜H07
年度1994
研究問題南西外海域及び瀬戸内海における水産資源の培養及び持続的利用技術の確立
大課題瀬戸内海における海洋環境特性の解明及び水産資源・漁業の変動予測及び管理技術の確立
中課題水産資源の生物特性の解明
小課題回帰特性に基づく資源培養技術の開発
摘要本研究ではトラフグ、ハタハタ、マダラなど資源の減少が目立つ、中回遊魚の系群判別を行う手法を開発するとともに、種苗放流や幼稚魚の育成手法によりどの様に資源を増大させるかを検討する。系群別の混合状況が明らかになった場合の合理的な資源利用の方法についても検討する。
研究分担資源管理資源増殖・魚増殖研内資管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045007
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat