底びき網漁業における経営上の諸問題とその対策(49)

底びき網漁業における経営上の諸問題とその対策(49)

課題番号1994005552
研究機関名南西海区水産研究所(南西水研)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題南西外海域及び瀬戸内海における水産資源の培養及び持続的利用技術の確立
大課題瀬戸内海における海洋環境特性の解明及び水産資源・漁業の変動予測及び管理技術の確立
中課題水産資源・漁業の変動予測及び管理技術の確立
小課題底びき網漁業における経営上の諸問題とその対策(49)
摘要瀬戸内海における小型汽船底びき網漁業経営体の減少予測と経営や漁業所得の現状を把握するため主要な漁協を対象として4年時における従事者の年齢や漁船歴、及び月別努力量と生産額資料の収集を行った。一方、本年度は瀬戸内海中部のA漁協が61年から週休2日制を単独で実施しているが、それがどういう経緯のなかで行われ、またその後の経過や漁業所得の現状等について明らかにした。その結果、週休2日制は資源の繁殖期の5〜10月を対象としているが、生産はその後も増加しており、漁業所得も増加し、従事者数や年齢に応じた安定した経営となっている。
研究分担資源管理・内資管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045018
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat