魚類のイントロンの構造解析とその利用(97)

魚類のイントロンの構造解析とその利用(97)

課題番号1994005817
研究機関名養殖研究所(養殖研)
研究期間継H04〜H07
年度1994
研究問題生体制御による増養殖技術の確立
大課題遺伝的制御技術の開発
中課題遺伝情報の解析と遺伝子発現機構の解明
小課題魚類のイントロンの構造解析とその利用(97)
摘要サケ・マス類の成長ホルモン遺伝子の構造は6つのエクソン、5つのイントロン構造である。これらはエクソン部分の長さはほとんど同じであるのに対し、イントロン部分は種によって異なるものがある。本研究ではニジマスのエスソン3の3’側20b.とエクソン4の5’側20b.をプローブとし、PCR法によってイントロン3をクローニングし、その長さを比較して種の判別を行った。その結果、同一種内では変異は認められなかった。ニジマス、ドナルドソン、サクラマス、ヒメマス及びアマゴを比較した結果、ニジマス、ドナルドソンは同じ長さだったのに対し、他の3種は異なる長さを示しゲノムDNAをとれる試料から種の判別が可能であることを示唆した。
研究分担遺伝育種・細胞工研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045054
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat