変態期における諸形質の遺伝的変異(2)

変態期における諸形質の遺伝的変異(2)

課題番号1994005824
研究機関名養殖研究所(養殖研)
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題生体制御による増養殖技術の確立
大課題遺伝的制御技術の開発
中課題優良品種の育成と遺伝資源の保存
小課題変態期における諸形質の遺伝的変異(2)
摘要発生初期に著しい変態をとげる魚種では、変態期を境に骨格の再編が予想される。とりわけ、遊泳器官形成の成否は仔稚魚の生残に大きく左右するとも言われている。平成5年度ではヒラメに二重染色を施し、尾部骨格の形成過程を追求した。骨要素は孵化直後では認められないが、発育段階Cになると骨初の骨要素として神経棘2本と下尾骨原基が現われる。骨格形成は脊索上屈期にあたるDからEにかけて急激に進行するものの、その完了はGから着定期以降全長35mm前後まで及ぶ。D−E間は尾部骨格の形成におけるいわば変化点で、頭部骨格の形成過程(平成4年度)やモルフォメトリー(平成3年度)の結果とも一致したことから、D−E間は変態期における形態形成上の1つの大きな局面であることが示唆された。
研究分担遺伝育種・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045061
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat