継代飼育日光系さけ・ますの生体制御機構(6)

継代飼育日光系さけ・ますの生体制御機構(6)

課題番号1994005828
研究機関名養殖研究所(養殖研)
研究期間継H02〜H06
年度1994
研究問題生体制御による増養殖技術の確立
大課題遺伝的制御技術の開発
中課題優良品種の育成と遺伝資源の保存
小課題継代飼育日光系さけ・ますの生体制御機構(6)
摘要遺伝資源として継代的に飼育されてきた各種の日光系サケ科魚類の生態・行動並びに生理特性を解明して、新品種作出のための基礎的情報を得ることを目的としている。約100年前にアメリカから日本へ、あるいはニュージーランドを経て高水温域の西部オーストラリアに移植されたニジマス(WART)の温度耐性を比較した。日光系ニジマスの飼育温度である9℃に順応させた後、50%横臥に至る高水温耐性試験を行った結果、一定時間の高温耐性は日光系がWARTより0.5℃高かった。しかし、WARTの生息水温である21℃に順応してから試験を行うと、26℃より高い試験水温ではWARTが高水温耐性を示した。
研究分担日光・育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045065
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat