ミトコンドリア−DNAの多型を利用した系統群解析法の検討

ミトコンドリア−DNAの多型を利用した系統群解析法の検討

課題番号1994005844
研究機関名養殖研究所(養殖研)
研究期間新H06〜H07
年度1994
研究問題生体制御による増養殖技術の確立
大課題遺伝的制御技術の開発
中課題優良品種の育成と遺伝資源の保存
小課題ミトコンドリア−DNAの多型を利用した系統群解析法の検討
摘要魚類資源を有効に活用する上で系群を的確に判定することは重要な課題である。生涯を通じて中規模の回遊を行うトラフグ、ハタハタ、マダラでは毎年特定の場所に産卵場が形成されることから幾つかの独立した系群の存在が推定されている。従来のミトコンドリア−DNA(mt−DNA)による分析では複雑な操作を繰り返すため、分析までに多くの時間を要した。そこでこれらの魚種を対象としてDNAの抽出率が良く、操作が簡便な遺伝子増幅法による迅速分析手法の確立を計る。平成6年度は各魚種のミトコンドリア−DNA増幅に適合するプライマーの検討を行う。
研究分担遺伝育種・遺資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045081
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat