地球温暖化の世界食料需給への影響とその対策に関する研究(75)

地球温暖化の世界食料需給への影響とその対策に関する研究(75)

課題番号1994003404
研究機関名農業総合研究所(農総研)
研究期間継H05〜H08
年度1994
研究問題世界の食料・農業問題の展開とその国内農業及び農業政策に与える影響並びに世界の食料の安定供給のあり方の解明
大課題世界の食料供給安定条件の解明
中課題世界の食料安全保障に及ぼす諸要因の分析,解明
小課題地球温暖化の世界食料需給への影響とその対策に関する研究(75)
摘要本研究では、人類の化石燃料消費の増大、熱帯雨林の伐採、オゾン層破壊等の進行に伴う地球温暖化が、今後の世界の食料需給に与える影響を予測し、この影響を緩和させる適切な対応策のあり方を検討することを課題としている。5年度は、世界食料需給パイロット・モデルの開発を行い、大豆を対象に国際需給への影響予測を行った。大豆の国際需給は今後の世界の人口増加率や経済成長率の推移にもよるが、環境規制の高まりによる単収上昇率の低下に伴って、逼迫化する可能性が高いことを明らかにした。6年度は、世界食料需給モデルの開発をさらに進め、その予測精度を高めるとともに、他の農産物も対象とした温暖化の影響予測を行う。
研究分担海外企連農業構造・開発1研研究交流地域環境研(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045230
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat