ケーソン堤の破壊現象の解明と対策(83)

ケーソン堤の破壊現象の解明と対策(83)

課題番号1994005953
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間継H03〜H06
年度1994
研究問題沿岸・海洋域の環境整備技術の開発
大課題潤いのある漁港・漁村づくりのための技術の開発
中課題漁港・海岸・漁村の基盤施設の開発
小課題ケーソン堤の破壊現象の解明と対策(83)
摘要5年度は、縮尺1:30のケーソン式防波堤の模型(隔室9、16室の2種類)を2次元水路に設置し規則波を作用させ、波圧、ケーソン正面壁の歪(曲げ歪)分布を計測した。その結果、歪は波圧が作用するのとほぼ同時に変動し、そのタイムスケールもほぼ等しいこと、水平方向の歪が大きいのに対して鉛直方向の歪が極めて小さく、波力に対しては水平方向の抵抗曲げモーメントが支配的であることがわかった。また、ケーソン内が砂の場合、水の場合の実験を行ったところ、同じ波圧の時では砂の場合の方が歪は少なく、ケーソン壁背後の土圧の効果が明確に現れた。さらに、これらの実験の数値モデルを開発した。6年度は、5年度に行った実験領域では不十分なので更に実験を行い、これらの結果をとりまとめ、ケーソンの設計法の改良を行う予定である。
研究分担水産土木・港施研港水理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045267
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat