環境保全型漁具の開発に関する基礎的研究

環境保全型漁具の開発に関する基礎的研究

課題番号1994005967
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題漁業生産および管理技術の開発
大課題海洋生態系と調和した漁業の構築
中課題漁具性能と漁獲機能の解明
小課題環境保全型漁具の開発に関する基礎的研究
摘要ベニズワイガニかご漁業では年間1漁船当たり600〜1000個のかごが操業中に流失している。これらのかごの回収はほとんど不可能であり、海底下においては長期間にわたって原型を保っていると考えられる。これらの流失したかご漁具は少なからず、野生生物・自然環境に影響を与えていることが懸念されている。そこで、バクテリアによって分解される生分解性プラスチックを用いたかごを試作し、通常用いられるかごと漁獲性能の比較を行う。平成6〜7年度には、生分解性プラスチックかごによる漁獲試験と現場における劣化試験、平成8年度には、生分解性プラスチックかごの漁獲性能の評価を行う。
研究分担漁業生産・漁具研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045281
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat