高速トリマラン型漁船の抵抗・姿勢に関する実験的研究

高速トリマラン型漁船の抵抗・姿勢に関する実験的研究

課題番号1994005985
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間単H05〜H05
年度1994
研究問題漁業生産および管理技術の開発
大課題海洋生態系と調和した漁業の構築
中課題漁船の適性化
小課題高速トリマラン型漁船の抵抗・姿勢に関する実験的研究
摘要我国の沿岸小型漁船は多種の用途に用いられることから、その目的に応じ様々な船型開発が行われ、そのひとつとしてトリマラン型船型(3胴船)の実用化の動きがある。このような特殊船型に関する研究例は皆無に等しい。そこで、高速トリマラン型漁船船型について、模型船を用いた平水中抵抗試験により、船の基本性能である抵抗および航走時の姿勢変化の特性を調べた。その結果、フルード数0.4以上の速度域の姿勢変化が大きく、特に船首部の浮上量が大きいこと、通常船型に比べ低速域の抵抗性能は劣るが高速域ではやや有利な形状であること、載荷状態の変化に対して抵抗特性が急激に変化する傾向を持つことなどが明らかになり、今後同種の船型開発のための貴重な資料を得た。
研究分担漁船工学・船性能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045299
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat