各種刺激に対する感覚特性と生理反応

各種刺激に対する感覚特性と生理反応

課題番号1994005991
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間新H06〜H10
年度1994
研究問題漁業生産および管理技術の開発
大課題水生生物の行動機構の解明と漁業生産技術への応用
中課題情報の認知・伝達機構の解明
小課題各種刺激に対する感覚特性と生理反応
摘要効率的漁業生産技術を開発したり、人間の産業活動が漁業や野性生物に与える影響を評価するためには、音波、光などの刺激に対する、魚類や海産ほ乳類の認知レベルを調べ、水生生物の反応を定量化することが必要である。本年は航空機などによる騒音が表層回遊魚の行動に及ぼす影響を評価する。あらかじめ録音しておいた水中での航空機騒音を、水中スピーカーよりレベルを変えながらイワシを蓄養した生け簀で放音し、水中テレビカメラで反応行動を観察する。反応行動を分類し、行動に影響を及ぼす反応閾値を推定する。
研究分担漁業生産・魚群制御研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045305
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat