音響による魚礁周辺のモニタリング手法の開発(112)

音響による魚礁周辺のモニタリング手法の開発(112)

課題番号1994006014
研究機関名水産工学研究所(水工研)
研究期間継H05〜H09
年度1994
研究問題海洋環境および水産資源計測技術の開発
大課題海洋環境計測技術の高度化
中課題漁場環境モニタの開発
小課題音響による魚礁周辺のモニタリング手法の開発(112)
摘要音響による魚礁周辺の物理情報、及び生物量のモニタリング手法の開発を目的として、本研究を行っている。平成5年度は、調査対象、調査方法、及び要求されるハードウエア能力について整理、検討した。現在の魚礁調査では、漁獲、潜水、水中TVカメラなどが主な調査手法として用いられている。しかし、これらの調査方法では、光環境を乱し、また、調査船の騒音等が原因となって、生物に対する外乱が避けられない。従って、音響による無人連続観測が、有効な調査方法と判断される。そこで、調査のニーズ等を検討し、測定システムの仕様を以下のように決定した。1.測定対象は魚類とする。2.機械式全周ソナーセンサーを複数備えた係留システムとする。3.複数の水平断面ソナー映像をビデオ収録する。4.測定レンジは20m程度とする。5.数時間以上の連続観測を行う。なお、平成6年度は実験機の設計を行う。
研究分担漁船工学・音響研海洋測研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045328
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat