水塊の形成機構と分布特性に関する研究動向分析

水塊の形成機構と分布特性に関する研究動向分析

課題番号1994005400
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題水産資源の持続的利用のための生産構造の解明と管理技術の確立
大課題海洋環境と生物生産機構の解明
中課題太平洋中区黒潮域における海洋環境と生物生産
小課題水塊の形成機構と分布特性に関する研究動向分析
摘要わが国の水産資源を持続的・合理的に利用するためには多くの研究分野の知見が必要となる。環境研究分野では特に水塊特性、環境収容力、基礎生産力、生物生産量などの把握が求められているが、この分野の研究は必ずしも十分ではない。今後、この分野の研究を推進するためには現在までの研究の動向分析や成果の総合化を行い、さらに将来取り組むべき研究課題や問題点の所在を明かにしなければならない。この観点から段階的にテーマを絞り研究動向分析を行う。本小課題では生物生産を支えている海水特性について、「海の地力」(有光層内に栄養塩類を補給する力/物理過程)などの概念も含めた水塊形成、分布、変動等に関する研究の動向を検討する。
研究分担水産研究官・海洋研究官水産研究官
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045382
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat