主要浮魚類の資源変動予測とその検証

主要浮魚類の資源変動予測とその検証

課題番号1994005422
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間新H06〜H09
年度1994
研究問題水産資源の持続的利用のための生産構造の解明と管理技術の確立
大課題水産資源の数量評価手法の確立と変動機構の解明
中課題水産資源の数量変動機構の解明
小課題主要浮魚類の資源変動予測とその検証
摘要我が国が国連海洋法を批准した時点で、我が国200海里水域内の魚類資源についての魚種毎の資源評価が国際的なニーズとして求められることとなる。我が国沿岸に分布・回遊する主要な浮魚類の内、現在資源変動が特に注目されているマイワシ・マサバを代表種に選定して、年々の現存量を推定すると共に、資源状態を評価する幾つかの手法を考案して、各資源の将来の動向予測を行うこととする。さらに、年々の予測結果については検証を実施し、より有効な評価及び予測手法の確立と推定値の精度の向上を図る。
研究分担生物生態・資源研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045404
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat