汚染物質の内湾生物に対する影響に関する調査研究(82)

汚染物質の内湾生物に対する影響に関する調査研究(82)

課題番号1994005439
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題水域汚染・環境変化の水産生物に及ぼす影響の解明
大課題汚染物質の挙動と環境変化が水産生物に及ぼす影響の解明
中課題汚染物質の挙動と環境変化が海洋生物に及ぼす影響の解明
小課題汚染物質の内湾生物に対する影響に関する調査研究(82)
摘要有機スズ化合物の汚染調査の一環として、1990年夏期、三浦半島小網代湾において41種の魚類を採集した。そのうち比較的採集個体数の多い13種について脊椎骨異常の有無および胸鰭のFluctuating asymmetry(FA:両側形質に生じた誤差で、発生過程における環境由来の軽微な事故により誘起されると考えられている)を調べた。その結果、アオタナゴおよびクサフグは両者とも高い発症率を示した(脊椎骨異常、83.3%および37.5%;FA、41.7%および50.0%)ほか、トウゴロウイワシおよびスジハゼは脊椎骨異常の発症率がそれぞれ51.5%及び33.3%と高かった。6年度は、これらの形質異常の評価手法を検討するとともに、さらに調査を進める。
研究分担環境保全・検定研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045421
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat