マミチョグを用いた生物試験の検討(89)

マミチョグを用いた生物試験の検討(89)

課題番号1994005446
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間完H01〜H05
年度1994
研究問題水域汚染・環境変化の水産生物に及ぼす影響の解明
大課題汚染物質の挙動と環境変化が水産生物に及ぼす影響の解明
中課題汚染物質の挙動と環境変化が海洋生物に及ぼす影響の解明
小課題マミチョグを用いた生物試験の検討(89)
摘要マミチョグの生殖周期を調べて省力的な大量増殖法を開発し、毒性試験への適用を検討した。本種の産卵期は当歳魚では3月下旬から7月下旬、1才魚では3月下旬から8月下旬であり、産卵盛期には1尾の雌魚がほぼ毎日産卵する。小型水槽内での自然産卵により得られた受精卵を屋外池に収容して孵化させ、育成することにより比較的簡便に多数の稚魚を得ることが出来た。体重約1gの稚魚を用いてカドミウム及び酸化トリブチルスズ(TBTO)に対する急性毒性試験を行なったところ、カドミウムで96時間LC50が32ppm、TBTOで13ppbであった。カドミウムに暴露した魚では肝臓及び腸に、TBTOに暴露した魚では皮膚、鰓、及び肝臓に、それぞれ組織学的異常が認められた。
研究分担環境保全・生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045428
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat