汚染物質の酸素消費量に及ぼす慢性影響の解明(92)

汚染物質の酸素消費量に及ぼす慢性影響の解明(92)

課題番号1994005449
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間継H04〜H08
年度1994
研究問題水域汚染・環境変化の水産生物に及ぼす影響の解明
大課題汚染物質の挙動と環境変化が水産生物に及ぼす影響の解明
中課題汚染物質の挙動と環境変化が海洋生物に及ぼす影響の解明
小課題汚染物質の酸素消費量に及ぼす慢性影響の解明(92)
摘要体重70〜100gのマダイについて個体の酸素消費量に及ぼす汚染物質の影響を検討した。0.031〜1.98μgTBT/lのTBTOに4〜8週間曝露した後、供試魚の成長、個体及び組織酸素消費量ならびに鰓換水量を求めた。その結果、いずれの曝露区でも相対成長速度の低下が認められたが、特に0.52及び1.98μg/l区でマイナス成長が認められた。個体酸素消費量は、0.52μg/l区で1個体に明らかな増大が認められたのみであった。一方、鰓換水量は0.031μg/l区以上の曝露区で増大が認められた。また、組織酸素消費量は、主に鰓の酸素消費量が0.52μg/l区を除く曝露区で増大傾向を示した。次年度は、重金属の一種であるカドミウムについて同様の実験を行う。
研究分担環境保全・検定研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045431
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat