海洋プランクトン類の脂質成分に関する研究(121)

海洋プランクトン類の脂質成分に関する研究(121)

課題番号1994005468
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
他機関西海水研;東北水研【水上譲;岡内正典;黒田一紀;小谷祐一】
研究期間継H04〜H08
年度1994
研究問題水産生物の多面的高度利用技術の開発
大課題水産生物の有用特性の利用開発
中課題水産生物の有用特性の探索と解明
小課題海洋プランクトン類の脂質成分に関する研究(121)
摘要前年度に引き続きカイアシ類の脂質クラスについて検討した。前年度に確立したn−ヘキサン−ジクロロメタン溶媒系を用いてカラムクロマトグラフィーによりカイアシ類脂質の脂質クラスについて検討した。Folchの方法によって得られたカイアシ類それぞれの粗製全脂質を分離したところ、脂質クラスがワックスエステルを主成分とするネオカラヌス科およびメトリディア科のカイアシとトリグリセリドを主成分とするユーカラヌス科の、概ね2種類に大別できることが明らかになった。また、同様にツノナシオキアミ(Euphausia pacifica)の脂質について検討したところ、主成分はリン脂質とその分解生成物と考えられる遊離脂肪酸で、それ以外に少量のワックスエステルを含むことが明らかになった。次年度は、それらの脂肪酸成分について詳細に検討し明らかにする。
研究分担利用化学・脂質研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045450
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat