土壌生態系中におけるアレロパシー物質の動態と植物の生育制御(105)

土壌生態系中におけるアレロパシー物質の動態と植物の生育制御(105)

課題番号1994002982
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題汎用田を中心とした耕地の複合高度利用による総合生産力向上技術の確立
大課題高度水田利用における総合生産力向上・労働軽減化技術の開発
中課題作物の生産阻害要因制御における低コスト・省力化技術の開発
小課題土壌生態系中におけるアレロパシー物質の動態と植物の生育制御(105)
摘要アレロパシーを生態的特性に付加した実用的な雑草防除・土壌管理技術を開発する。Plant Box法による検索の結果、ムクナ、ヘアリーベッチ、キビ、アワ、ムギ類の活性が高かった。圃場試験で、秋播き植物の雑草抑制作用を検定した結果、ヘアリーベッチおよびエンバク、ライムギ、ライコムギなどのムギ類はほぼ完全に春雑草を抑制した。ナタネ、カラシ類も有効であった。ベッチ類とエンバクを混植すると、バイオマスは共栄的に増加したが、雑草抑制作用は単独播種時よりも劣った。以上のことから、秋播きではヘアリーベッチ、春播きではムクナの利用が最も効果的であると考えられた。また、アレロパシー活性と養分と光競合を変数とする抑草方程式を考案して、圃場における雑草抑制力の説明を試みた。
研究分担生産環境・土壌管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045560
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat