ハリクチブトカメムシの集合生態の解明

ハリクチブトカメムシの集合生態の解明

課題番号1994002996
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題汎用田を中心とした耕地の複合高度利用による総合生産力向上技術の確立
大課題複合高度水田利用における農業生産環境の保全・管理技術の開発
中課題害虫の発生特性の解明と総合防除技術の開発
小課題ハリクチブトカメムシの集合生態の解明
摘要ハリクチブトカメムシはハスモンヨトウなど野菜害虫に対する有望な捕食性天敵とみなされており、施設内での捕食効果も一部で確認されている。また、この天敵の人工飼料による個体飼育法や室内における捕食能力、餌へのアプローチ機作などが判明しつつある。しかし、防除技術として実用化するに際し、若虫期の集合性が顕著であることが防除効果に影響を与えると推察される。そこで、この虫の集合性の生態を野外ならびに室内において解明し、効率的な防除法の開発を図る。6〜7年度は発育ステージと集合性、7〜8年度は集合性と捕食行動、集団形成の機作の解明を行う。
研究分担生産環境・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045574
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat