高温環境における大豆の品質・収量(22)

高温環境における大豆の品質・収量(22)

課題番号1994003003
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間継H03〜H06
年度1994
研究問題汎用田を中心とした耕地の複合高度利用による総合生産力向上技術の確立
大課題複合高度水田利用における農業生産環境の保全・管理技術の開発
中課題気候・気象特性の解明と気候資源の評価・利用技術の開発
小課題高温環境における大豆の品質・収量(22)
摘要四国地域においては、大豆作の登熟初期は高温環境下に当たる。一方、地球規模の環境変化として西南日本域は温暖化・乾燥化が懸念されている。本研究は、気象要因の変動によって大豆の品質や収量の特性を明らかにする点が目的である。遮光処理(日射量で約40%)によって、気温は約1℃、地温は約1.5℃低く、比湿はほぼ変化がない状態となった。登熟中期の遮光処理によって、粒数は8%減少、2・3粒莢が減少したが、百粒重は若干の増加が認められた。雨除け栽培によって気温が1.2℃高く、水蒸気量が対照区より約5%少ない状態となった。この条件において、乾物重は減少し、2・3粒莢が少なく百粒重は対照区の88%となった。
研究分担生産環境・気象資源研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045581
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat