光エネルギー変換にともなう電子伝達系の効率を制御する因子の機能解析

光エネルギー変換にともなう電子伝達系の効率を制御する因子の機能解析

課題番号1994003030
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間新H06〜H08
年度1994
研究問題新たな需要に対応する高品質農産物の生産・流通技術の開発
大課題高品質・高機能農産物の生産・流通利用技術の確立
中課題地域農作物の高品質安定生産技術の開発
小課題光エネルギー変換にともなう電子伝達系の効率を制御する因子の機能解析
摘要光合成反応を分子遺伝的レベルで制御する手法の開発を目指し、光エネルギー変換に関与する電子伝達系を構成する光化学系の各サブユニットが、電子伝達に与える影響を明らかにする。6〜7年度には、常緑の永年性作物であるカンキツ類(ポンカン、オレンジ)を材料とし、まず生化学的・分子遺伝学的手法を用いて、それらサブユニットのうち特に電子伝達の効率に関与していると考えられる光化学系1のサブユニットD、Eの構造を解析し、あわせて対応する遺伝子(cDNA)を単離する。7〜8年度には、それらサブユニットの機能をさらに詳しく解析するために、遺伝子の発現量を増大もしくは減少させた形質転換体の作出を行う。本研究により、カンキツ類における光エネルギー獲得系の効率を制御する手法の開発が、光合成反応の機構解明の基礎資料となる。
研究分担地域基盤・果樹研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045608
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat