対馬暖流域漁場における海洋環境特性の解明(2)

対馬暖流域漁場における海洋環境特性の解明(2)

課題番号1994005586
研究機関名西海区水産研究所(西海水研)
研究期間継H03〜H09
年度1994
研究問題本邦西方海域における水産資源の培養及び持続的利用技術の確立
大課題海洋生物生産における海洋環境の役割の解明
中課題海洋環境特性の解明
小課題対馬暖流域漁場における海洋環境特性の解明(2)
摘要4年10〜11月に実施したADCP(超音波潮流計)観測結果に基づき、対馬暖流源流域である東シナ海陸棚縁辺域の流動構造を調べた。海深100〜120mの陸棚上に0.3〜0.5ktの北向きのジェット流が明瞭に認められた。この流れは、水温分布から判断して黒潮とは明らかに異なるものである。3年9月のADCP調査でも、ほぼ同じ海域にこの流が認められていることから、東シナ海陸棚上にはこの流れがほぼ定常的に存在し、これが対馬暖流を構成する1つの要素になっているものと考えられる。6年度には台湾海峡に起源をもつ““台湾暖流””が対馬暖流の形成に果たす役割について検討する。
研究分担海洋環境・海動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045621
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat