アサリ漁場における餌料環境評価法の検討(69)

アサリ漁場における餌料環境評価法の検討(69)

課題番号1994005621
研究機関名西海区水産研究所(西海水研)
研究期間継H03〜H06
年度1994
研究問題本邦西方海域における水産資源の培養及び持続的利用技術の確立
大課題海洋生物資源の管理と培養技術の確立
中課題資源の増養殖技術の開発
小課題アサリ漁場における餌料環境評価法の検討(69)
摘要液送ポンプでアサリ生息地の浮泥を小量ずつ与え、水槽飼育を試みた。天然海域に比べると成長は悪いが、7週間で殻長で0.3〜0.8mmの成長がみられた。供試個体の大きさにより成長のばらつきがあり、殻長10mm以上の個体より5mm以下の個体のほうが成長が良かった。次年度は人工種苗5mm以下の小型個体を用い、熊本県の造成アサリ増殖場と周辺のアサリ非生息域の浮泥を与えて、比較試験を行う。
研究分担資源増殖・藻介増殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045656
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat