稲遺伝資源の特性評価(86)

稲遺伝資源の特性評価(86)

課題番号1994002339
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継S58〜H12
年度1994
研究問題寒冷地における作物・家畜の機能開発
大課題次世代の品種開発基盤強化のための作物遺伝資源の情報管理と新遺伝資源の創出
中課題普通作物遺伝資源の情報管理と新遺伝資源の創出
小課題稲遺伝資源の特性評価(86)
摘要海外から遺伝資源として導入された200品種及び国内の在来種、育成系統など250品種・系統について、二次特性としての葉いもち圃場抵抗性を畑晩播法により検定した。判別品種などの反応から検定圃場のレースは007が優占しているとみられたが、海外から導入されたほとんどの品種は発病がみられず、Pi−a、Pi−i以外の真性抵抗性遺伝子をもつと推定された。国内の品種も一部は真性抵抗性を示したが、大部分は罹病性で、圃場抵抗性の差も明かであった。このほか日本陸稲など50点の遺伝資源について増殖を行ったが、増殖用種子の発芽力が低下しており、また極晩生種も含まれ、結果的に2品種は採種不能であった。
研究分担水田利用・稲育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045707
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat