牧草遺伝資源の特性評価(188)

牧草遺伝資源の特性評価(188)

課題番号1994002349
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継S58〜H12
年度1994
研究問題寒冷地における作物・家畜の機能開発
大課題次世代の品種開発基盤強化のための作物遺伝資源の情報管理と新遺伝資源の創出
中課題牧草遺伝資源の情報管理と開発
小課題牧草遺伝資源の特性評価(188)
摘要優れたシロクローバ新品種の育成のためには、多様な特性を備えた遺伝資源を数多く収集し、的確な評価を行う必要がある。5年度は、海外より導入した8品種を栽植し、発芽良否、初期生育、播種当年の越冬性および基礎的な形態形質の調査を行った。発芽は各品種とも良好で、初期生育は、ニュージーランドより導入した1品種が他より優れていた。播種当年の越冬性は、南アフリカ、イギリス、ハンガリーより導入の3品種が良好で、チェコ、ニュージーランド、デンマークより導入の3品種は劣っていた。小葉長等各種形態形質の調査の結果、新規導入8品種は、大葉型2、中葉型4、小葉型2に分類された。
研究分担草地・牧草育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045717
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat