寒冷地型栄養繁殖性作物遺伝資源の収集・保存及び特性評価と新遺伝資源の創出

寒冷地型栄養繁殖性作物遺伝資源の収集・保存及び特性評価と新遺伝資源の創出

課題番号1994002351
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間新H05〜H09
年度1994
研究問題寒冷地における作物・家畜の機能開発
大課題次世代の品種開発基盤強化のための作物遺伝資源の情報管理と新遺伝資源の創出
中課題栄養繁殖性作物の遺伝資源の情報管理と開発
小課題寒冷地型栄養繁殖性作物遺伝資源の収集・保存及び特性評価と新遺伝資源の創出
摘要さといも、食用菊等の品種開発を飛躍的に推進するため、生物工学的手法により有用特性を備えた画期的な新遺伝資源を創出する。そのため遺伝資源の収集を行い、その特性調査の結果からデータベースを作成する。遺伝資源の収集とデータベースの作成は全期間を通じて行うが、おおよそ8年度までに主な結果を取りまとめる。6年度から培養系を利用した遺伝的変異の作出及び形質転換体の作出のための技術開発を行う。これにより耐病虫性等の主要形質が飛躍的に改善された遺伝資源が作出される。それらの遺伝資源を利用して東北地方に適した多収・高品質品種の育成が期待される。またそれら遺伝的形質の明らかな遺伝資源を利用することにより、遺伝様式の解析が容易になり、新品種育成に寄与できる。
研究分担作物開発・遺資利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045719
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat