ダイズ根粒菌における窒素固定能向上のためのRI利用技術の開発(44)

ダイズ根粒菌における窒素固定能向上のためのRI利用技術の開発(44)

課題番号1994002357
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間完H02〜H05
年度1994
研究問題寒冷地における作物・家畜の機能開発
大課題革新的育種法の開発と高付加価値有用成分の遺伝的改変・品質評価法の確立
中課題バイオテクノロジー利用による革新的育種手法の確立
小課題ダイズ根粒菌における窒素固定能向上のためのRI利用技術の開発(44)
摘要水素回収系は、窒素固定の際発生する水素を酸化して、エネルギーを作り、窒素固定の効率を高める働きをする。しかし、根粒菌の中には水素回収系を持たないものも多い。そこで、水素酸化遺伝子の導入による高エネルギー効率の菌株の作出を行った。その結果、クローバ根粒菌に水素細菌(Alcaligenes hydrogenophilus)の水素酸化遺伝子を導入した形質転換菌を得た。この菌は弱いながら水素酸化能を示した。ダイズ根粒菌では、遺伝子は導入されたが活性がみられなかった。また、トリチウムを用いた、従来法より迅速で簡便な水素回収系の判定法を開発した。残された問題点および成果については「水素回収遺伝子を導入した根粒菌の接種効果」に引き継ぐ。
研究分担作物開発地域基盤・育種工学研生理生態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045725
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat