主要作物の組織培養法の確立とその育種的利用法の検討(120)

主要作物の組織培養法の確立とその育種的利用法の検討(120)

課題番号1994002358
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間中S00〜S00
年度1994
研究問題寒冷地における作物・家畜の機能開発
大課題革新的育種法の開発と高付加価値有用成分の遺伝的改変・品質評価法の確立
中課題バイオテクノロジー利用による革新的育種手法の確立
小課題主要作物の組織培養法の確立とその育種的利用法の検討(120)
摘要コムギの胚乳中のアミロース合成をつかさどる遺伝子(Wx遺伝子)のコードする顆粒性デンプン合成酵素(Wxタンパク質)を二次元電気泳動により3種のタンパク質に分離した。それらは、A、B、Dそれぞれのゲノム上に座上するWx遺伝子(Wx−A1、Wx−B1、Wx−D1)に由来した。これにより、コムギの胚乳中におけるWx遺伝子の発現が確認可能になり、国内産コムギ品種の中に、3種の遺伝子のうちWx−A1あるいは、Wx−B1の発現を欠くもの、Wx−A1、Wx−B1の両遺伝子の発現を欠くもの、また、外国産コムギ品種の中にWx−D1の発現を欠くものが存在することを明らかにした。本課題は担当研究員が留学により長期不在となり一時中断せざるを得ない。再開は7年度の予定。
研究分担作物開発・育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045726
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat