農業有用遺伝子(ウイルス抵抗性付与遺伝子)のクローニング・構造解析(123)

農業有用遺伝子(ウイルス抵抗性付与遺伝子)のクローニング・構造解析(123)

課題番号1994002361
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H03〜H07
年度1994
研究問題寒冷地における作物・家畜の機能開発
大課題革新的育種法の開発と高付加価値有用成分の遺伝的改変・品質評価法の確立
中課題バイオテクノロジー利用による革新的育種手法の確立
小課題農業有用遺伝子(ウイルス抵抗性付与遺伝子)のクローニング・構造解析(123)
摘要キュウリモザイクウイルス・サテライトRNA(E株)の全鎖長cDNAクローン由来の転写RNAの生物活性を検定した。合成した転写RNAの3’末端領域はウイルス由来のものと同一塩基配列であるが、5’末端には10塩基のベクター由来の配列を有している。当該RNAとヘルパーウイルスとを混合してタバコおよびトマトに接種した結果、いずれの宿主でも病徴が軽減されていることがわかった。さらに、罹病葉から抽出した全核酸を電気泳動で分析した結果、ウイルス由来のサテライトRNAと同様な分子量を有する成分が検出されたことから、in vivoで転写RNAが複製して活性を示したことが明らかになった。
研究分担作物開発・育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045729
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat