シロクローバ菌核病抵抗性品種の開発(191)

シロクローバ菌核病抵抗性品種の開発(191)

課題番号1994002370
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H04〜H06
年度1994
研究問題寒冷地における作物・家畜の機能開発
大課題革新的育種法の開発と高付加価値有用成分の遺伝的改変・品質評価法の確立
中課題作物の環境調和機能の革新的賦与技術の確立
小課題シロクローバ菌核病抵抗性品種の開発(191)
摘要シロクローバ14品種・系統を供試し、ハードニング(低温馴化)の程度が抵抗性の発現に与える影響について調査を行った。ハードニング処理は、2℃・8時間日長の条件で、0日、10日、20日、30日の4段階設定した。ハードニング処理期間が長くなるにしたがって、菌核病菌接種・埋雪後の生存率が高くなり、ハードニング処理30日の区で、各品種・系統間の生存率の差が最も顕著になった。以上の結果、シロクローバ菌核病に対する抵抗性の発現にはハードニング処理が大きく影響し、品種・系統間の抵抗性の差異を検定するためには、2℃・8時間日長の条件で30日以上のハードニング処理が必要であることが明らかになった。
研究分担草地・牧草育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045738
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat