雑穀類の機能性の評価(11)

雑穀類の機能性の評価(11)

課題番号1994002372
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H05〜H07
年度1994
研究問題寒冷地における作物・家畜の機能開発
大課題革新的育種法の開発と高付加価値有用成分の遺伝的改変・品質評価法の確立
中課題高付加価値有用成分の遺伝的改変
小課題雑穀類の機能性の評価(11)
摘要ソバ種子の抗酸化活性の測定条件を検討するとともに、その品種間差異を明らかにした。極性の異なる3種類の溶剤を用いて抽出した結果、エタノール抽出液に最も高い抗酸化活性が検出され、抽出後30〜40日程度は活性が安定していることが明らかになった。また、同一品種を夏と秋に栽培した場合、抗酸化活性に有意な差異は認められず、栽培時期の違いが抗酸化活性に及ぼす影響は小さいと考えられた。ソバの子実、果皮いずれの抗酸化活性についても有意な品種間差異が認められ、子実ではダッタンソバ、九戸在来No.3、ソ連産No.11等が、果皮ではソ連産No.6、信州大ソバ等が高い抗酸化活性を示した。
研究分担作物開発・品質評価研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030045740
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat